Version 3

バージョン3について

バージョン3の特徴

バージョン3の主たるコンセプトは、次の4点です。

スライダーは多くのサイトで使用される一方、特に障害をもつ人たちに対するユーザビリティの観点から、広く議論の対象となっています。「使わない」というのももちろん選択肢の一つですが、スライダー自体のアクセシビリティをできる限り高めておくことも、別の選択肢として非常に重要です。しかしながら、そこには知識・技術両面から難しい課題が多く存在することもまた事実です。

Splideバージョン3では、このような問題を解決し、高品質で使い勝手の良いスライダーを一つの目標としながら作成にあたりました。アクセシビリティについての詳細は、このページをご覧ください。

v2からの改善点は、以下の通りです。

移行について

Splideインスタンス

Splideインスタンスのメンバのうち、3つのプロパティに変更が加わりました。メソッドについては引数に一部修正がありますが、v2の使用法のまま使えます。

STATES

STATESプロパティは、インスタンスでからクラスの静的プロパティに移動しました

document.addEventListener( 'DOMContentLoaded', () => {
const splide = new Splide( '.splide' );
console.log( splide.STATES );
console.log( Splide.STATES );
} );
JavaScript

classesi18n

classesi18nプロパティを削除しました。optionsから直接読み取ってください。

document.addEventListener( 'DOMContentLoaded', () => {
const splide = new Splide( '.splide' );
console.log( splide.i18n );
console.log( splide.options.i18n );
console.log( splide.classes );
console.log( splide.options.classes );
} );
JavaScript

オプション

以下3つのオプションが廃止されました。

エクステンション

mounted()

mounted()メソッドは廃止されました。必要な場合、代わりにmountedイベントを利用してください。

export function MyExtension( Splide ) {
return {
mounted() {
}
};
function mount() {
Splide.on( 'mounted', () => {
// 何かの処理
} );
}
return {
mount,
}
}
JavaScript

コンポーネント

すべてのコンポーネントは、ロジックの整理・最適化などにより抜本的な変更が加わっています。このページから、各コンポーネントのプロパティやメソッドを確認できます(一覧にないコンポーネントは、パブリックなメンバをもっていません)。