概要

Controllerコンポーネントはコントロールパターンをインデックスに変換し、Moveコンポーネントに伝えます。また、インデックス関係の様々なメソッドを提供します。

メソッド

go()

go( control: number | string, allowSameIndex?: boolean, callback?: AnyFunction ): void

以下のコントロールパターンにより、スライダーを動かします。Splide#go()はこのメソッドのエイリアスです。


scroll()

scroll( destination: number, useIndex?: boolean, snap?: boolean, duration?: number, callback?: AnyFunction ): void

スライダーを特定の位置やインデックスにスクロールさせます。このとき、現在のインデックスと一つ前のインデックスを更新します。この関数は、CSSのトランジションではなく、Scrollコンポーネントを利用してスライダーを動かします。


getNext()

getNext( destination?: boolean ): number

次の行き先となるスライドのインデックスを返します。このメソッドはデフォルトで、クローンのインデックスを実際のスライドのインデックスに変換します。たとえば、目的となるインデックスが-1(クローン)の場合であってもlength - 1として計算した実際のスライドのインデックスを返します。destination引数をtrueに設定すると、この変換を行わず、そのままの値を返すようになります。

ただし、行き先がなかった場合、このメソッドは常に-1を返します。


getPrev()

getPrev( destination?: boolean ): number

戻り先となるスライドのインデックスを返します。このメソッドはデフォルトで、クローンのインデックスを実際のスライドのインデックスに変換します。たとえば、目的となるインデックスが-1(クローン)の場合であってもlength - 1として計算した実際のスライドのインデックスを返します。destination引数をtrueに設定すると、この変換を行わず、そのままの値を返すようになります。

ただし、戻り先がなかった場合、このメソッドは常に-1を返します。


getEnd()

getEnd(): number

終わりのインデックスを返します。これは、「スライドの枚数 - 1」とは必ずしも一致しません。たとえば、全体数が10でperPage3の場合、スライダーはインデックス7までしか到達できませんので、この関数は7を返します。


setIndex()

setIndex( index: number ): void

現在のインデックスを更新します。このメソッドは、単に内部的な変数を更新するのみで、スライダーは移動しません。


getIndex()

getPrev( prev?: boolean ): number

現在のインデックスを返します。Splide#indexはこの関数のエイリアスです。なお、prevtrueにすると、一つ前の古いインデックスを返します。


toIndex()

toIndex( page: number ): number

与えられたページインデックスをスライドインデックスに変換します。perPageが1より大きい場合にのみ意味のある関数です。


toPage()

toPage( index: number ): number

与えられたスライドインデックスをページインデックスに変換します。perPageが1より大きい場合にのみ意味のある関数です。