概要

Scrollコンポーネントは、スライダーを任意の位置までスクロールさせることができます。Dragコンポーネントがフリーモードの際に利用します。Moveコンポーネントと異なり、このコンポーネントはトランジションコンポーネントを経由せず、アニメーションフレームを利用してスクリプトで補間しながら移動させます。

メソッド

scroll()

scroll( position: number, duration?: number ): void

スライダーを指定の位置に向かってスクロールします。このメソッドは現在のインデックスなどを更新しませんので、基本的にはController#scroll()を利用してください。


cancel()

cancel(): void

スクロールを中断し、scrolledイベントを配信する。